FC2ブログ

CRM250 再生へ






劣化したプラスチックパーツの再生方法です。塗装する手もあるんですが、これは最後の手段でとっときます。お手軽なのは、ヒートガンで熱を加える。ドライヤーではちょっと熱不足かもしれません。焦がさなければハンドトーチでもOK。だまされたと思ってやってみてください。ある程度色艶が復元します。全てに通用するわけではないんですが、今回はこれでほとんど処理しました。もしやるんでしたら支障がない部分で試してからですよ。
僕は、身長が低くおまけに短足。またがってみたら片足つくのもやっと。サイドスタンドを立ててエンジン始動しても、またがったままサイドスタンドが収納できない。悲しいですね。
苦肉の策です。リヤサスのコイルを思いっきり緩める。
これまたフロントも可能な限り落とす。かなりシートが下がり乗れそうな感じ。
そのつけがサイドスタンドに。ノーマルのままでは直立に近い状態になってしまい車体の安定が図れない状態に。しょうがないので1Cmほどでしょう カットして溶接しました。なんとかスタンドを立てられる状態になりました。
もういつでも登録できるんだが、梅雨がくるなー。早く乗りたーい。

スポンサーサイト

CRM250 再生へ






いよいよ組み立てスタートなのだが、ユニクロメッキでちょいと気になる点を。ほとんど分解してメッキをお願いするのだが、たまに分解できないパーツがあります。今回でいえばブレーキホースを保持するフック(名前がわからない?)左フォークに2本ついています。これにプラスチックのワッカがついているんですが、はずせないのでそのまま出したんですが、薬品に反応して溶けかかっていました。このカスらしきものが他のパーツに付着してメッキのノリを悪くしてました。
さてエンジンの装着ですが、軽く考えてフレームに養生もせず乗っけたもんですから、引っかき傷を多数フレームが側につけてしまいました。しょうがないのでタッチペンで塗ろうと思ってます。今思えばエンジンの上についている冷却水のINとOUT更にプラグぐらいははずしてとりかかるべきでした。
組み立ては急ピッチで始まるのですが、案の定ボルト類の取り付けにえらくてまどる。とりあえず形だけでもと仮組み。この後再度ばらしてフロントフォークとスイングアーム ついでにホイールを磨いてバフがけ(もちろんある程度で妥協)。迷ったんですが、そういつも手入れできるとは限らないのでこの3点はクリアーを吹き付けました。まあクリアーをはぎとるのは簡単だからと自分を納得させる。残りのアルミパーツもすべて塗装。シルバーに適当に白を混ぜて調合。
スポーク ニップルは再メッキ品です。スポークを組む時に落とし穴が。前輪は内がけ 外掛け違いはなかったようだが後輪にはサイズの違いが。外掛けが1mmぐらい長かったようです。ブレ取りは目視。廻しながら適当。勿論バランスなどとってません。支障がでたらその時にと。
コイルの黄色はホームセンターの缶スプレー。安さに負けてしまいました。250円ぐらいだったかな。こいつが失敗。塗りぬくいうえに何か付着したのだろうか熱を加えた時、接触面が溶けてしまった。ロックエースのウレタンが一番塗りやすいみたい。

CRM250 再生へ






金物パーツはなるべくユニクロメッキですませました。塗装の量をなるべく減らすことができました。なんたって安い。スポーク ニップルもユニクロ再メッキ。1週間もあれば手元に届きます。5kで3000円。(有)ヤマダに依頼しました。磨いて出せば仕上がりは上々です。ついでに手元にあったボルト ネジ類も合わせて依頼。アルミパーツで磨いたのはフロントフォークのアウターとスイングアームそれと前後ホイール。残りは全て塗装でカバー。エンジンボルトなどは手元にあったボルトに差し替えて塗装。

CRM250 再生へ





走ればOK感覚で始まったのだが、登録もしばらく見合わせることにしたので思いっきって分解することにする。パーツリストも無いし、デジカメも壊れて修理に出してしまった。記憶だけが頼り。組み立てに迷いそうなパーツはとりあえずメモ。 デジカメは、どうやらメーカー保証が効いて新品が届いた。というわけで早速撮影。既にほとんどのパーツ分解した後だったのだが。これだけでも組み立てには助かるはず。エンジンは、ボルト類の交換(再メッキ)と塗装の予定。なにせえらく外観が悪い。スイングアームのパーツはボルトが外れずこの状態で塗装予定。リヤハブ アルミなのだがこれも塗装予定。数字はホイールへのクリアランス。キャブのチョークレバーはメッキに出す。ついでにプラスチックの部分も分解しようと思いメガネで廻すとボッキリ。ネジ部で折れてしまう。このキャブにはえらくてこずる。ブラストかけたのが事の始まり。

CRM250 再生へ

今年の2月頃オークションで不動ということで入手。8万ぐらいだったかな。安かったのか高かったのか?エンジンはキャブの掃除ですぐにかかったのだがクラッチが固着しててその日は試乗できず。その他の不具合が多数発覚。
 1 プラスチックのオイルタンクが破損していて穴があいている。
 2 マフラーガスケットより排気漏れ
 3 キャブのエアー調整ネジ ねじ山がなめてしまっていて調整不能(取り出すのに半日かかる)
 4 エアーフィルターのスポンジがボロボロ さわるとくずれてしまった。
 5 アウターチューブがぼろぼろ ブラシで削るとささくれだって粉が落ちてくる。
 6 後日判明 メーターケーブルが固着。
フロントフォークはオークションで5000円で入手したのだが、どうも型式が違うらしくシャフトが合わず。やむなく分割してアウターだけ移植。まあこれで内部の状況もわかったしオーバーホールできたと自分を納得させる。当然オイルシール ダストシール フォークオイルも交換することになり既に、部品代で2万ぐらい出費することになてしまった。衝動買いは高くつきますね。
クラッチは、ばらして洗浄してやるとOKでした。ただ破れたガスケットがエンジン側に張り付いてしまい、これをはがすのが大変。ガスケットはがしなるものもあるようなのだが高くて買えず。リムバーでもOKだと言うようなことを見たような聞いたような?最初はカッターではがしていたのだが、結局ノミ(大工さんが使う奴 たまたま日曜大工セットにはいてました)がベスト。4月になったら登録しようと思っていたのだが、税金ラッシュで未だNO取得できず。

 

プロフィール

かず

Author:かず
つまらない毎日の記録

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR